会社設立のメソッド

会社設立の費用はどれ位必要か

会社設立の為に必要な費用は、どのタイプの会社を設立するかと言うことでも変わってきます。

例えば、株式会社を設立する場合、定款の認証手数料、謄本手数料、さらに設立に関係する登録免許税等を払わなければなりません。またそれ以外にも通信回線の用意に関係する物や、実印作成に関係する物等も有ります。さらに代行業者に依頼する場合はその分の手数料として、何万円か払わなければなりません。また実際に会社設立の為には手数料だけでなく資本金も必要です。

とはいっても、株式会社を例に診てみると、昔は資本金を用意しなければなりませんでしたが、現在は1円からでも設立は可能となっています。したがって、資本金を殆ど用意しなければ、手数料分だけしか要らないと言う計算になるのです。とはいえ、資本金が1円しかないと言う事は、会社を運営する為に必要な物が一切購入できないと言う事になります。

したがって、1円からでも設立は可能となっていますが、実際に設備を充実させると言う事を考えると100万円程度の資本金は必要となる場合も珍しくありません。したがって、実際に会社設立の為にどれだけの費用が必要かというのは、どのタイプの会社を設立するのかと言うことでも変わってくるために一概に何円と言う事は出来ません。また代行業者を依頼する場合も、その業者によって依頼する費用が変わります。勿論定款も電子タイプを利用すれば費用の節約に繋がるので、方法によっても必要となる金額は大きく変わってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *