会社設立のメソッド

会社設立の費用はいくらかかるのか

これから会社を設立したい事業主にとって会社を設立するコストが一番気掛かりになります。

かかる費用は会社の種類によって各々異なり、株式会社と合同会社の設立ではかかる費用が違います。また事業主自ら会社設立に関する手続きを行うかそれとも会社設立を代行する会社に頼むかによってもトータル的な費用に違いが生じます。どちらの方がコストが少なく済むかですが、それは合同会社の方となります。それは合同会社の設立には、株式会社の設立と比べて登録免許税が安く済むことから全体コストを減らすことができます。

具体的には合同会社設立の場合には、約6万円から10万円ほどで設立することができます。一方株式会社の設立の場合には、最終的な全体コストは約21万円から25万円ほどかかります。株式会社であって合同会社であっても定款の作成は必須となります。この定款作成には収入印紙を貼る必要がありますが、その収入印紙代は4万円かかります。

結構費用がかかりますので、この部分を節約したいのであれば定款作成を電子定款にすれば4万円の収入印紙代は不要となります。また会社設立の際に代行会社に依頼する場合にはさらに代行手数料がかかってきますので、こちらの部分に関しても節約したいのであれば事業主自らが手続きを行います。今はインターネットがあるためどのようにして手続きをすれば良いのか分かりやすく説明してあるサイトがありますので、そちらを閲覧すればスムーズにできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *