会社設立のメソッド

会社設立の際にかかる費用とは?

会社設立の際、費用は一体どれぐらいかかるのか気になる方は少なくありません。

一体いくら必要とするのか?結果から言いますと、合同会社の場合60000万円あれば設立可能です。会社を設立するときは、定款に貼る収入印紙代が40000円かかります。なお、電子定款の場合は不要となります。それから、登録免許税が60000万円必要です。

結果的に60000円から100000万円ほどの費用で設立することが出来ます。ちなみに、株式会社設立は、登録免除税と定款の認証手数料の関係によって15万ほど高くなりますから、210000円から250000円ほどの会社設立費用がかかることになります。まとめてみると、収入印紙代においては、合同会社では4万円(電子定款の場合は不要)で株式会社では4万円(電子定款の場合は0円)のコストがかかります。

公証人手数料においては合同会社では約2000円、株式会社では2000円程度のコストを必要とします。次に登録免除税ですが、合同会社の場合だと6万円、株式会社では15万円のコストがかかります。このように、各設立費用の最低額は、合同会社で6万円、株式会社で15万円となります。しかしながら、実際の会社運営には多くの資金が必要となりますので、できるだけ会社設立のコストを抑えることが大切になります。

会社設立の際のコスト削減対策として、紙定款よりも電子定款にすることで、4万円ものコストを削減することができます。また会社を設立するときは、年金事務所や法務局、公証役場などで手続きを行う必要がありますので、この際に必要な書類や提出場所などでも調べるための手間がかかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *