会社設立のメソッド

会社設立にかかる大まかな費用

会社設立には膨大なお金がかかると思い込んでいる人が多いのですが、実は約6万円もあれば設立できるケースもあります。

設立するには株式会社にするか、合同会社にするかを決めなければなりませんので、しっかりと計画を立てた上で実行に移すことが大切です。簡単にいうと、株式会社を選ぶと費用が多めにかかりますが、合同会社にすると安い費用で会社設立することが可能です。ですから、安い費用で済ませたいのなら合同会社にしましょう。

株式会社を設立する際には定款に貼る収入印紙代4万円と公証人に払う手数料5万円、定款の謄本手数料2000円程度、登録免許税15万円または資本金の額の0.7%のうち高い方がかかり、少なくとも21万円くらいは用意しておく必要があります。高くても25万円ほど用意しておけばたりますので、会社設立をする前に準備が必要です。

定款は電子にすれば収入印紙がかかりませんので、安く済ませられます。合同会社に関しては定款に関しては同じであり、定款の謄本手数料は不要です。登録免許税も株式会社より安くなっていて、6万円または資本金の額の0.7%のうち高い方になっています。

つまり、合同会社なら6万円という安い費用から設立できることになり、初期費用を削減するなら合同会社が良いということになります。会社を運営するためにはその他にも色々とお金がかかりますので、設立時にはできるだけコストを抑えて運営の方にまわしたいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *