会社設立のメソッド

会社設立を専門家に依頼した場合の費用

会社設立には様々な書類を準備する必要があります。

自分でするか専門家に任せるか悩む方も多いですが、専門家を利用する事で費用は掛かりますがその複雑な資料を揃える手間も省けます。許認可が必要な業種は特に書類不備により許可がおりず、計画していた通りに事業を開始できない場合もあるので、専門家に依頼する事は有益と言えます。

許認可が必要な業種として運送業や建設業、飲食業等が該当します。行政書士や司法書士といった法律の専門家がこの手助けを担ってくれます。費用は行政書士で約10万円前後、司法書士で10万円から20万円程です。行政書士は設立登記の業務は行えないので、そこは自身で行うか、そこだけ司法書士等に依頼する必要があります。

司法書士は法人登記手続きができますので、許認可申請を必要としないで、会社設立だけの場合は司法書士に依頼すると良いでしょう。費用については行政書士の方が安く、司法書士の方が同じ仕事でも高い設定になっています。費用をみて自身の手間を考えて検討すると良いでしょう。他に税理士や社会保険労務士も助成申請や税務のサポートを受けられますが、目的が会社設立ならば司法書士に依頼する形にはなります。

費用については各専門職の報酬なので、実際は印紙代や定款認証等にもう少しお金が必要になります。合計で30万円前後は会社設立には専門家に依頼するとかかります。事務所によっても違いはありますが、一事業所に司法書士以外に行政書士や税理士がいる事務所もあり、一か所に依頼すればすべて行ってくれる所もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *