会社設立のメソッド

会社設立に必要な費用について

かつては株式会社設立には最低1000万円、有限会社なら300万円の資本金が必要という最低資本金制度がありましたが、平成18年にそれが撤廃され、現在では資本金が最低1円でも会社設立が可能になりました。

しかし会社設立時にいくら科の費用が必要になるので、最低でもその費用は用意しなくてはいけません。現株式会社と合同会社という会社形態があるのですが、どちらの会社を設立するためにもまず会社について記載された「定款」を作成する必要があり、株式会社の場合はそれを公証人役場で認証を受けなければいけません。

その手数料として5万円、また定款には紙と電子の2種類がありますが、紙の場合は印紙代に4万円かかるので、紙で作成した場合、合同会社は定款にかかる費用は4万円、株式会社なら9万円が必要になります。次に、その定款とほかの必要書類を綴ったものと印鑑などをもって、本社とする地域を管轄する法務局に出向き会社設立の登録をするのですが、その際登録免許税として株式会社なら15万円、合同会社なら6万円の費用が掛かってきます。

定款と会社登録で合計、株式会社なら24万円、合同会社なら10万円ですが、その他に定款の謄本を作るための手数料なども必要になります。定款を電子にすると印紙代の4万円は不要ですが、電子で作成するためには特殊なツールを用いなければならないので、却って高額になる可能性もあるので一般的には紙の定款を作成します。会社設立の行程を行政書士など専門家に依頼をすると依頼のための費用は必要ですが、電子定款が可能で、様々な行程をスムーズに行ってもらうことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *