会社設立のメソッド

会社設立でかかる費用は会社の形式によって違います

自分で会社設立をする場合、会社の形式によって費用が異なって来ます。

会社は大きく2つの形式に分けられ「株式会社」と「合同会社」の2つとなります。「株式会社設立」でかかる会社設立の費用はまず「資本金」があります。これは会社に預けるという性質を持ち、以前は1000万円以上とされていました。

現在では法の改正により制限が無くなり、1円からでも設立可能です。また資本金を1000万円未満で設立するとその会社が免税対象になる場合もあります。「法定費用」これには定款認証と登録免許税(150、000円)が入っていて合計で最低200、300円~となります。定款の種類は紙の約款と電子約款があり、紙の場合には印紙代(40、000円)などの分金額が多くかかります。

電子約款を作成するには別途設備が必要になり、個人で作成する場合はこれらの設備料金は別に発生します。以上が株式会社を設立する際に発生する最低限の金額になります。この他に諸費用として実印の作成や電子約款を外部に依頼するケースの代行手数料なども必要な場合があります。

そして「合同会社設立」の場合にかかる金額ですが、株式会社設立の場合と同様に「資本金」が必要ですが、これは1円からで構いません。次に「法定費用」ですが、合同会社の場合登録免許税の6万円で済みますので約款を電子約款にすると、最低限その6万円のみで設立できます。以上の事から会社設立でかかる最低額は「株式会社で200、300円」「合同会社で60、000円」となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *