会社設立のメソッド

合同会社設立の際に注意すべき費用

合同会社の場合、株式会社と異なって会社設立の際に定款の認証を必要としません。

そして、定款のチェックがなされず、印紙を貼らなくても登記をすることができます。しかし、これは印紙代がかからないというわけではありません。会社に保存する定款には4万円の印紙を貼らなければ脱税になってしまいます。

ただ、電子定款にすれば、株式会社設立の場合と同じように印紙税がかかりませんので、4万円の費用を節約することができます。作成するためにはいろいろと必要になるため、持っていないとたいして安くなりませんが、会社設立代行サービスを遣えば、費用を節約できるので活用しましょう。

代行業者は数千円程度で格安で定款の作成をしています。したがって、わざわざそのために必要な物を買わなくても良くなるので、持っていない人でも費用を抑えることができるわけです。定款の作成だけならかなり安いですし、登記の申請までやってくれても安いところはあります。

安い所には理由があることもあります。特に安い場合は何らかのサービスを抱き合わせで利用することを条件としていることが多いです。一般の会社がやっていて多いのが、何らかのソフトウェアの年間契約をするといったものです。

また、税理士などは顧問契約を条件としていることもあります。確かに安くなりますが、必要ないいならかえってトータルで見るとコストがアップしてしまうだけです。したがって、代行業者を利用するときにはよく考えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *