会社設立のメソッド

会社設立費用と電子定款の活用

会社設立の方法は会社法などの法律に書かれていますが、合同会社や株式会社といった種類にかかわらず、最終的には管轄の登記所に対して申請の上で登記をしてらうことをもって成立することになります。

会社設立のプロセスを費用の面からもう少し子細に見ると、最初に会社の基本原則を文書化した定款を作成する際には、収入印紙を貼り付ける必要があるため、この収入印紙代として4万円がかかります。さらに定款を公証人に認証してもらいますので、手数料でおおむね5万円ほどの費用となります。

さらに登記申請のときに申請書に台紙を付けて収入印紙を貼り、登録免許税を納付することになっています。このときの税額は合同会社か株式会社かという違いや、資本金の金額の多少によっても違ってくるので一概にはいえません。

このように会社設立時には多額の費用がかかるため、いずれかを節約できるとすれば、そこを節約して他に有効利用したほうがよいのは当然です。実際にはなかなか削りようがない部分が多いものの、普通の定款を電子定款にしてしまう方法であれば、収入印紙代の4万円についてはすべて節約が可能です。

電子定款は電子ファイル形式で作成された定款のことをいいますが、これは内容として含まれる条文などには特に違いがあるわけではありません。しかし電子ファイルという以上は紙の文章のように印紙税法でいう課税文書には該当しませんので、結果として大きな節税効果がもたらされます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *