会社設立のメソッド

会社設立にかかる費用はいくらから可能か?

ここでは、会社設立にかかる費用について説明します。

実際には、会社設立にあたってのメリットやデメリットを考えて行うべきですが、ここではいくらかかるのかということについて説明していきたいと思います。では、まず会社形態は現在設立することができるものは株式会社と合同会社になります。株式会社は、上場するためにはこちらの形式が必要です。そして、上場する必要がないのであれば合同会社で十分といえるでしょう。

実際に、会社設立のためにかかってくる費用も合同会社の方が安く済むます。そして、もう一つ有限会社というものも存在致します。これは、現在は設立することが出来ない会社形態です。昔は、安く費用を済ませて会社を作る場合はこの有限会社という形式にした人が多かったです。

現在は、この有限会社の変わりに合同会社が出来ました。では、会社設立にかかる費用ですが、株式会社と合同会社どちらにも登録免許税というものがかかってきます。こちらは、株式会社が15万円で合同会社が6万円となります。合同会社に関しては、実質この費用だけで設立することが可能になっています。

株式会社はこれ以外にも公証人手数料がかかってくることになります。こちらが5万円です。このように、合同会社であれば6万円のお金がかかり、株式会社であれば20万円のお金がかかってくることになります。この金額を基にしてさらに、将来上場するかどうかを考えて会社を設立するべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *