会社設立のメソッド

会社設立にかかる費用

会社設立には多額の費用がかかります。

この費用をどのようにして捻出するかというのはいつの時代にも大きな問題になります。基本的な物の考え方として、自己資金というのを別にすれば、方法としては2つです。要するに、会社設立に必要なお金を借りるか、それとも出してもらうかです。借りるというのは比較的分かりやすいでしょう。

ある程度の審査などは受けることになりますが、利息をつけて返済する条件でお金を借りることができます。これに比べると、お金を出してもらうというのは分かったようでいて分からないことが多いかもしれません。中には、お金を借りるのと同じようなものではないかと思っている人もいます。

ですが、会社設立に必要な費用を出してもらうというのは、借りるのとは根本的な違いがあります。つまり、返済する必要がないのです。返済不要なお金を出してもらうと言い換えても良いかもしれません。ですが、返してももらえないようなお金を出してくれるようなお人よしなどこの世の中にいるのでしょうか。

確かに、無条件でそんなことをしてくれる人は普通はいません。ということで、何らかの有利な条件を提示する必要があります。それは、会社の将来性に賭けてもらうことです。

会社がうまくいき、利益が出れば、出してくれたお金の金額に応じて利益を分配するという約束をすることです。このようにすることで、利息分よりも有利になると考える人がいれば、その人はお金を出してくれることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *