会社設立のメソッド

少ない費用で会社設立を行う方法があります

2006年の会社法改正によって、合同会社設立が認められました。

それ以来、年を追うごとに合同会社設立が増加してきています。昨今では年間で2万社も誕生するに至っていますので、すっかり市民権を得たと言えるでしょう。一昔前ではさほど知名度の高くなかった合同会社ですが、いまや会社設立に際しても具体的に検討されるまでになっているのです。

合同会社の利点を活かせるであろう人には、株式会社ではなく合同会社設立を推奨している専門家もいるほどです。合同会社に適した企業というのは、一般消費者を対象に事業展開しているところが向いています。

規模的には、どちらかというと大きくない会社が適しております。企業名よりも、商品名やサービス名で事業を展開しているのであれば、合同会社のほうが有利になるのです。会社設立に関する費用は、株式会社の場合は最低でも約20万円が必要となります。しかし合同会社であれば、6万円程度の費用で設立できるのです。

会社を設立するにあたってかかる費用が安胃という点は、合同会社が持っている大きなメリットと言えましょう。初期コストをできるだけ安価に抑えたいと考えている人は、この点を見て株式会社ではなくて合同会社を洗濯することが多いのです。

言うまでもなく合同会社は法人格を得ますので、対外的な信用度が大きく高まります。ビジネスを進める上ではm信頼や信用というのは大変に重要な位置づけにありますので、合同会社は強みを持つ形となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *