会社設立のメソッド

会社設立にかかわる費用を安くする手法です

会社組織での起業を検討している人というのは、株式会社を念頭に置いていることが多いと見られます。

株式会社設立費用としては、どれぐらいの金額を用意しておけばいいのでしょうか。株式会社設立には登記費用は最低限必要となります。個人事業から法人組織にするというのであれば、この登記費用だけで処理は完了いたします。

登記にかかるものには、定款に貼る収入印紙代、認証手数料、謄本手数料、登記の際の登録免許税で、合計すると約25万円がかかってくるのです。この段階で、安くする方法があります。それは、会社設立の代行会社に依頼することです。

設立に必要な定款に貼る収入印紙代の4万円については、これは書面で定款を作成する場合に求められるものであって、電子定款を選べば貼る必要はありません。一般人が電子定款を作成しようとしても、専用の機器やソフトウェアを買わなければなりませんが、これが収入印紙代と変わらない値段がするのです。

また知識や経験のない人が電子定款を作って、もし修正するとなると煩雑な手間と料金を負担することとなるのです。代行会社であれば電子定款を作成できる環境が整備されていますので、簡単に電子定款を作ることが可能となります。

設立代行手続きそのものは決して高額ではなく、標準的には1万円程度で引き受けてくれるのです。合計すると、自分で処理するよりも代行会社に依頼するほうが、安価に手続きが完了できることとなります。代行会社に依頼すれば、煩雑な文書作成の手間も省けますのでコストパフォーマンスは非常に良好であることは確かです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *