会社設立のメソッド

会社設立にかかわる費用を節約する方法があります

株式会社を設立するとなると、定款認証と登録免許税だけで20万円を超える費用が必要となります。

これはお役所に直接納める最低必要な金額だけですので、ほかにも各種の費用が発生することは言うまでもありません。もし株式会社ではなくて合同会社設立となると、登録免許税6万円だけで済むのです。

合同会社であれば定款は必要ですが、定款認証を受けることはありません。ここだけでも大きな差が出てくるのです。合同会社の認知度が低いと一部では言われていますが、昨今では年間に2万社もの合同会社設立が行われており、日本のメジャーな会社でも実は合同会社形態をとっているところは少なくありません。

経営者の意向が反映されやすい会社を設立するというのであれば、むしろ合同会社が適していると言えましょう。定款作成は、合同会社であっても避けることはできません。このとき、書面での定款ですと印紙を貼ることが義務付けられていますが、電子定款を選択すると印紙代の4万円を節約することができます。

ただし、電子定款の作成では専用のソフトウェアや機器類が必要となりますので、それを持っていなければ4万円ほどで購入せざるを得ず、コストダウン効果は消えてしまいます。

会社設立にかかわる煩雑な手間を代行してくれる会社に依頼すれば、電子転換作成の環境は整っていますので、安心できます。設立に関する書類一式を専門家の立場から作成して所定の官公庁まで届け出てくれますから、時間をコストと考えると大きな会社設立の費用削減につながることは間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *