会社設立のメソッド

会社設立に掛かる期間とは?

会社設立には準備に色々な期間というものがあります。

会社を作ろうと思っても1日では絶対に出来ませんので、あらかじめ設立日を決めた上で、余裕を持って準備をすることが大切です。会社設立の手続き自体は、不備なく順調に進めば約1週間程度で完了するでしょう。しかし、登記事項証明書や印鑑証明書は登記が完了してからの手続きとなりますので、目安としては申請日から大体7日~14日程度となります。つまり、全体的な手続きは約2~3週間程度掛かります。

また、統括をしている法務局によって混み具合も異なりますので、事前に確認をしておくと安心です。会社設立に必要となる定款は、会社の根本のルールとなるものとなりますので、必ず作成をしなくてはいけません。法人の目的や名称、社員や機関・資産に関する事項などの基本事項を記載する必要がありますので、どれか1つでも欠けていた場合には定款が無効となってしまう可能性があります。また、特定の事業については事前に届け出を出さないと開業できないものがあります。

一般的には会社設立後に出さなくてはいけないものではありますが、業種によって届け出は異なりますので、事業の内容が決まったら早い段階で確認をしておくと安心でしょう。このように、会社設立をするための手続きには色んな日数が掛かります。出来る限り不備なくスムーズに事を進めるためにも、事前に細かいチェックを怠らないように心掛けましょう。そうすれば、慌てることなく会社をスタートさせる事が出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *