会社設立のメソッド

行政書士に依頼して電子定款で申請を行うこと

役所への書類代行作成や代行申請では、定款の作成なども該当します。

そのため行政書士に依頼して定款の作成と公証役場での認証を任せてしまう方法が採れます。このとき行政書士によっては、電子定款で申請を行える対応が可能なところがあります。もし対応が出来るのであればこうしたところに依頼をすることで、印紙税の節税が可能です。無論、すべての行政書士が対応出来るわけではありません。また、内容が複雑な定款によっては紙ベースでの申請を行うこともあり、一概には言えません。

したがって最初の依頼時においてしっかりと話を聞いたり、また要望を伝えるなどしてしっかりと話をしておくことが重要です。定款を電子定款で申請することで確かに節税は可能ですが、重要なことは誤りなく定款の申請が出来ることですからそのことを踏まえて、信頼出来るところを探すことは必要です。また、定款作成後に法務局への登記申請を行うことで会社設立や組織変更が完了です。

この法務局への代行申請では司法書士に通常は依頼をします。その司法書士との連携が巧みなところに任せることも1つの手です。電子定款で申請が出来ることも含めて、総合的に勘案することも大切となります。士業への依頼ではその都度において確認を行ったり、また次の申請に向けて段取りを行っていきます。申請を行う人本人がその流れを理解し、次に何をしなければいけないのかしっかりと理解しておくことは、重要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *