会社設立のメソッド

電子定款で印紙税節税を目指す

通常の場合、定款の作成と公証役場での認証時には印紙税として4万円がかかります。

しかしながら電子定款の場合は紙ベースでの申請ではありませんので非課税扱いとなっていることから、この方法での申請を目指すことで節税に繋がります。ただし、この方法では注意をすべき点として公証役場でチェックを受けずにそのまま申請が通ってしまう危険性があるため、注意が必要です。個人でこれから事業を興すために会社設立を行う場合、定款の作成は避けて通れません。このとき印紙税を節税したいと考えるために電子定款を考える人はいます。

しかしながら紙での申請とは異なり、事前にいくつか準備をしなければならずしかも出費が絡んでしまうものですから、これから始めて行う場合にはハードルが高くなります。それでも節税をしたい場合には、代理人として行政書士に依頼をして代行してもらう方法があります。行政書士の中には電子定款に不慣れな人もいるため、誰にでも任せられるわけではありません。

定款の代行作成及び申請に関することに精通したところを選ぶ必要があります。さらに定款の作成代行だけではなく、電子定款での申請が可能かどうかを確認することも必要です。ここまで行った上で申請を行うかどうかですが、代理申請で節税できたものを依頼料に充てるなどの対応が現実的です。また、個人で頻繁に行う申請ではあまりないものですから、代行依頼時に確認を行う程度で問題はないと言えるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *