会社設立のメソッド

電子定款とそのメリットについて

「電子定款」とは何でしょうか?その前に「定款」とは、その会社の基本的な取り決めを記したものになります。

具体的には「会社設立の目的」、「商号」、「所在地」、「資本金」、「発起人の氏名及び住所」などがあり、会社を設立する際には必ず作成し公証役場にいる公証人により認証されなければなりません。電子定款とはパソコンで作成した定款のことで、インターネットによる手続きで認証が得られるメリットがあります。ただし、認証された定款は公証役場へ受け取りに行く必要がありますので注意が必要です。

また、パソコンで定款を作成すると印紙代の節約になるといったメリットもあります。通常の定款ですと印紙代として4万円がかかりますが、電子定款の場合ですと文章扱いとならない為、印紙代が必要なくなります。しかし、印紙代が節約できるからといって自分で作成しようとすると、作成の為に必要な専用のソフトを購入しなくてはならず、結局のところ費用がかさんでしまいます。

これではメリットは無いのでは?と思うかもしれませんが、電子定款の作成を司法書士や行政書士に依頼する事で、トータルのコストを抑えられる可能性があります。行政書士などに依頼をすれば、ご自身で専用のソフトを買う必要はありませんし、印紙代も必要無いからです。ですから、定款を作成しようと考えているのであれば、低コストで電子定款の作成を行ってくれる司法書士や行政書士を探してお願いした方がお得になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *