会社設立のメソッド

電子定款のメリットとは

定款とは会社を設立する時に必ず作成するもので、会社の組織としての基本的な規則や活動の目的を記載したのが定款です。

これは書面で作成する事も可能ですが、電子化する事も可能です。定款は作成するだけでなく、公証役場で認証を受ける必要があります。認証を受ける時に収入印紙が必要で印紙代で4万円がかかりますが、電子定款の場合は収入印紙がいらないのでその分の費用が削減できます。認証後に書面から電子に変更する場合には別で費用がかかるので、認証を行う前によく検討すると良いです。

電子定款を作成するには電子化する為の作業が必要なので、その作業を開始する前に内容に問題がないか公証役場で確認しておくと良いです。もし電子化した後に文章の内容に問題が見つかると最初からやり直す事になるので非効率です。電子定款に署名をいれるためのソフトウェアをデバイスにインストールします。ソフトウェアを使ってICカードリーダライタを繋いでマイナンバーカードを読み込みます。

この時マイナンバーカードと暗証番号電子証明書のパスワードがそれぞれ必要なので、しっかり把握しておくべきです。電子定款を作成する作業は全て自分で行う事もできますが、経験のない人が全て自分で行うのは大変です。自分で作る事ができない場合は代行業者も存在するので、そのような業者に依頼するのも一つの方法です。業者を利用する時はいくつかの業者を見つけて比較しながら選ぶと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *