会社設立のメソッド

会社設立にかかる費用を節約する方法

会社設立にかかる費用は株式会社か持分会社かで異なっています。

株式会社は最低でも20万円程度かかりますが、持分会社なら最低6万円程度で設立可能です。持分会社は株式会社以外のことを指し、具体的には合同会社・合資会社・合名会社の3つです。株式会社の場合、登録免許税が15万円と公証役場の費用が5万円程度なので高くなっています。

持分会社の場合は登録免許税が6万円、公証役場の費用は不要で格段に安いです。会社設立では定款の作成が必要ですが、紙の定款の場合ですと収入印紙代として4万円がかかります。昔はこのコストは必須でしたが、現在は電子定款が認められているので4万円を節約可能。電子定款にすると印紙代がゼロですが、そのかわりに電子定款を作成するためのコストがかかります。

自分で作成するならソフトや器具の購入費用として6万円程度でしょう。実はソフトは購入する必要がなく、月額プランの「AdobeAcrobatStandardDC」を利用すればかなり安い料金ですみます。月額料金は1、500円程度です。会社設立は業者に代行してもらうとコストがすると考えている人が多いです。

たしかに、専門家に依頼をしたら高額なコストがかかるのが一般的です。しかし、前述したように電子定款にすれば印紙代の4万円は確実に節約できるので、それ以下の料金で専門家に依頼をしたらメリットがあります。自分で作成するのもよし、専門家に依頼をして時間と手間を節約するのもよしです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *