会社設立のメソッド

会社設立にかかる費用と司法書士への手数料

会社設立をするにあたっては手続きの各段階で、様々な費用が掛かってきます。

どのくらいの費用が掛かってくるかは、会社の種類や資本金の額などによって異なってきます。以下具体的に見ていくことにしましょう。定款を三通作成しうち一通に収入印紙を貼ります。この印紙代は有限会社株式会社ともに4万円です。

公証人に支払う手数料として有限会社、株式会社ともに5万円が必要です。定款の枚数に応じて1枚につき250円の手数料がかかり、表紙も1枚に数えます。出資金を払い込むとき金融機関に対して、委託手数料がかかってきます。金額は資本金の額によって異なり出資金または資本金が5000万円未満の場合、1000分の2・5が相場となっています。

1000万円の資本金の会社であれば、2万5000円手数料がかかる計算です。登記を申請するときには登録免許税という国の税金がかかってきます。登録免許税は出資金または資本金の額の1000分の7と定められていますが、有限会社で6万円株式会社で15万円が最低限と定められています。

登記が完了した後税務署などの諸官庁や金融機関で手続きをする際には、会社の登記簿謄本や印鑑証明書などが必要になってきます。会社設立の費用は、これらを計算して有限会社で16~17万円株式会社では27~28万円がかかってきます。

会社設立手続きのすべてを司法書士に依頼する場合には、有限会社で10万円から13万円有限会社で12万円から15万円の手数料がかかります。登記手続きのみという場合、資本金の額によって異なりますが7万円から9万円程度かかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *