会社設立のメソッド

会社設立時インターネットを利用すると費用が安くなる

会社設立するにはすべて自分でやったとしても、一般的に25万円ほどの費用が掛かります。

その内訳は定款認証に関する費用が9万円強かかりその内容は、課税文書として定款に貼付する収入印紙4万円と公証役場での定款の認証量5万円強が必要です。次に法務局に設立登記を申請する際に、登録免許税という税金を納めなければなりません。

この登録免許税は一般に15万円かかります。登録免許税の課税方法は、会社設立時の資本金の額の0・7%となっていてこの計算の結果15万円未満になる場合には、15万円になるというルールになっていることから、多くの場合15万円となります。

設立登記が完了すると法務局から登記事項証明書や印鑑証明書を発行してもらえ、これにも手数料がかかります。登記事項証明書は一通につき1000円、印鑑証明書は一通につき500円となっていて数通ずつ請求する場合、5000円ほどの費用は見ておきたいものです。

インターネットで会社設立手続きをすると、なんと税金が安く済みます。定款認証をオンラインで行うことによって4万円が節約できます。定款の内容をデータにして送信して公証役場に認証してもらえば、課税文書とならないため収入印紙4万円は貼らないでいいことになっているのです。

他方司法書士は業務として会社設立手続きに携わっているため、ほとんどの事務所でインターネットを利用して手続きができるようになっていることでしょう。司法書士に依頼しようと考えている人は、4万円安くやってもらえるのか事務所を選ぶときの一つの目安にするといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *