会社設立のメソッド

会社設立と経費の費用

会社設立すると経費などの費用を会社負担で落とせるようになるから税金面で有利だという人もいますが、これは一面的な物の見方かもしれません。

というのも、経費などの費用を落とせるようにするためには会社設立は必須ではないからです。個人事業主の場合、もちろんこれは会社ではありませんから会社の経費にはなりませんが、売上げから経費は差し引くことができ、その残りの金額に対して税金がかかることで済みます。経費として落とせる費用については、会社設立した場合であっても個人事業主である場合も基本的なところに差はありません。

いずれの場合も、事業活動に必要と認められるものであれば経費となり、事業活動に必要とは認められないものは経費とはできません。常識的には例えば商品の仕入れにかかった費用、販売にかかった費用、店舗やオフィスの賃貸料や光熱費、事務用品費、従業員として雇用している人の給料などは明らかに事業活動のために必要ですから経費となります。

その他、取引先との円滑な仕事のために接待をした場合の食事代なども、事業活動のために必要と認められます。既存の取引先との商談のための出張も当然認められますし、それは新規取引先の開拓の場合でも同じです。

ただ、このあたりになってくると若干曖昧な点も生じてくるかもしれません。事業活動のために必要な出張なのか、それとも個人的な観光旅行なのかは曖昧になるときもあるでしょう。食事などについても似たような側面があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *