会社設立のメソッド

会社設立とその費用は

会社設立を考えている人にとって常に問題になるのはその費用のことでしょう。

アイデアはあってもなかなか費用がたまらないので会社設立をあきらめている人もいるかもしれません。確かに会社という組織はお金がかかります。利益が得られなくても毎月決まって出ていくことになる費用も多く、どんな事業を始める場合でもそれが軌道に乗るまでは相当の苦労を強いられることになるでしょう。会社設立に伴うこの苦労を乗り切る方法は、もちろん十分な資金を集めることが第一というか、王道ではあります。

自己資金のほか、金融機関からの借り入れ、他の出資者を募るなどの方法があるでしょう。ただし、がらりと発想を変える方法もあります。つまり、本当に会社を設立しなければならないものなのかということです。自分のやりたいことは、本当に会社という組織でないとできないものなのでしょうか。どんなことであれ、やりたいことを始めるのに会社という組織が必須条件だというようなことは、まず存在しないと言ってもよいでしょう。

最初は小規模に自分一人でということもできるはずですし、家族などごく限られた人だけで始めるということも可能です。もちろんごく限られた人だけであっても会社という組織を作っていけないことはありませんが、逆にそういう場合に会社にしなければならない理由もあまりないはずです。会社でなければ月々決まって出ていくお金も限られたものになります、会社設立は事業にある程度めどがついてからというのも立派な方策です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *