会社設立のメソッド

会社設立の費用はどうしたらよいか

日本で会社設立をする場合には、最低限の費用と呼ばれるものがあります。

基本的に会社設立をするレベルになると事務所などが必要になりますがそれ以外でも登記費用や商品を使うならば商品の購入費用として看板やチラシの配布など初期のころにかかるお金はそれなりのものになってしまいます。実際どれぐらいのお金が必要になるかといえば、規模にもよりますが小さなところでも500万円ぐらいあった方がよいでしょう。500万円は、過去に会社経営をしたことがある人ならば簡単に手に入れることができますが、そうでなければなかなか手に入れるのは難しいのが現状です。

それだけの貯金を持っていれば借りる必要もないですが、実際にはそこまで持っている人は少ないはずです。このような場合には誰かから融資を受けて会社設立をする必要が出てきます。ではどのようなところからお金を借りたらいいかが問題になりますが、消費者金融の場合には事業目的でお金を貸してくれるところはあまりありませんので要注意です。しかも金利が高いため、返済に追われてしまうことも頭に入れておきましょう。

一方で、銀行の場合には金利は低く設定されていますが、その代り信用や担保がなければ融資をしてくれることはありません。会社設立の費用は、国が運営している金融公庫でお金を借りる方法が考えられます。金融公庫の場合は信用や担保が必要ありませんが、会社の将来性があるかうの判断はされますので事業計画書を事前に作成して持って行かなければなりません。最大で、1500万円まで貸してくれるのが特徴になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *