会社設立のメソッド

会社設立にかかる費用の種類

会社を設立する場合にかかる費用は、株式会社が200、300円で合同会社60、000円です。

内訳を確認すると定款認証にかかるお金は株式会社で50、300円・合同会社は0円で、登録免許税にかかるのは株式会社が150、000円・合同会社が60、000円となっています。これだけを見ると、会社設立の費用はそれほど高くないというイメージが強くなりますが、実際にはこれだけでは済みませんので、これらは最低金額として抑えておきましょう。他に会社設立時に必要なお金として資本金があります。

資本金は会社に預けるお金ですので費用には含まれませんが必須のお金ですので忘れてはいけません。今は1円の株式会社もOKになっていますし、現物出資を利用して現金を0円とすることも可能です。資本金を1、000万円未満にすると消費税の免税業者になって様々な特典も受けることができますので、1、000万円未満での会社設立を計画する人が多いようです。

会社を作るのですから実印も必要ですので、実印作成費用を予算に入れておく必要があります。実印ですからある程度は良いものを選ぶものですので、予算に入れておかないと後で慌ててしまいます。どのようなものにお金がかかるのかをあらかじめ詳しく調べておくことが必要であり、調査をしないと最低限の費用だけで会社設立ができると思い込んで準備不足になってしまいますので、必要に応じて弁護士にも相談しながら準備を進めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *