会社設立のメソッド

会社設立にかかる費用はどれくらい?

今は会社に勤務しているけど、いずれは独立して事業をしたいと考えている人も少なくはないでしょう。

独立して会社設立を考えてはいるものの、一体どれくらいの費用が掛かるのかあらかじめ知っておいた方が資金を貯める具体的な目標が出来るので、知っておいた方が良いでしょう。では、具体的に会社設立にはどれくらいの費用が掛かるのでしょうか。基本的にかかるお金というのが、会社の印鑑の代金、登記申請に掛かるお金、資本金、謄本の作成、交付などと色々と費用がかさみます。

それらの手続き全てを自分で行う場合と司法書士に依頼する場合とで金額は大きく異なってきます。自分で手続きを全て行うとなると、書類作成にも専門的な知識が必要なため時間が掛かったり、書き方を間違えてしまってやり直し、ということも十分あり得ます。ですが、司法書士に依頼するよりも金額を抑えて会社設立が出来ます。設立したい日も迫っていて時間もないし、自分で手続きを行うのが面倒だという方は行政書士に依頼して、会社設立の手続きを代行して貰うのが良いでしょう。

司法書士も仕事なのでミスなく確実に行ってくれます。このように、何かと独立するには費用が掛かります。自分で手続きを行うのか、司法書士に手続きを代行してもらうのかで大きく金額が変わってきますので、まずは自分で手続きを全て行うのか、司法書士に代行してもらうのかを選択しましょう。司法書士に代行を依頼するのであれば親身になってくれる司法書士を見付けるとよいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *