会社設立のメソッド

会社設立にかかる費用を知りたい

会社設立を行う場合には、必ず費用がかかりますので事前に準備をしておく必要があります。

費用は必ずしも全額用意する必要はなく、必要あれば借金をする方法もあるでしょう。ただ、借金をする場合にもどの程度の費用が必要になるかわからなければいくら融資を受けたらいいのか不明のままです。そこで、まずは会社設立にはどのぐらいの会社設立の費用がかかるかを確認しておく必要があります。最低限必要になるのは会社設立にかかる登記のお金や資本金になります。登記等の初期費用を全てひっくるめるとおよそ30万円位かかると考えたら良いでしょう。

それに加えて資本金が必要になりますが、実は1円からでも会社設立が可能になります。ですが、1年だけ資本金としてもあっという間に赤字になってしまいますので普通は300万円位の資本金を用意することになっています。それぐらいでも、事務所を借りる場合や在庫を整えるときの金額あるいはそれら諸々のお金を含めるとやはり1、000万円以上になると考えておいた方が良いかもしれません。

重要になるのは、会社設立をした後にしばらくの間赤字が続くことです。例えばフランチャイズで有名なとこならば半年もすれば黒字になる可能性はありますが、そうでなければ大抵は最初の1年間赤字の状態を続けなければなりません。つまり、初期の金額の中に赤字になっても大丈夫なだけの資金を入れておく必要があるでしょう。このように考えるならば、可能な限り無駄を減らした方が良いことがわかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *