会社設立のメソッド

会社設立を代行に任せること

会社設立の代行はとても便利なシステムです。

会社を設立しようとしているこの時期はもっとも忙しくもあり、時間を割いて専門家を探す時間もありませんしあったとしてもかなり無駄な時間と言えます。さらに、こんな状況であるときに限ってパートナーが見つかりにくいことは世の常です。設立する目的としては、事業を成功させることで設立が目的ではありません。会社設立といっても人や状況によって皆同じ条件ではありません。代行はそれぞれの人に合わせて仕事を進めていきます。

代行する内容としては、依頼者にあった会社の種類や目的・株式式比率・設立日など多くの項目についてアドバイスします。定款は必ず依頼者のオリジナルでなければいけないという決まりがあります。定款は会社の事業目的や商号・組織の基本的な事項を規定したものです。もし将来考えている事業によって展望がある場合はそちらについてももれなく記入しておく必要があります。

依頼者自ら定款を作成する場合は、多くの場合紙媒体での定款も候補に挙がりますが電子定款にすることで収入印紙の費用である4万円が不要になるという最大のメリットがあります。このようなアドバイスを依頼者の不安や知りたいことに沿って低価格で提案しています。一般の人には会社設立に関する知識が多い人はあまりいないですしこのような媒体を利用することで多くの時間を省くことが可能です。会社を設立するメリットとしては個人事業面より法人である方が明らかに信用されることに対して有利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *