会社設立のメソッド

会社設立代行を依頼して時間短縮

会社設立の代行を利用すると定款を作成する際に電子定款を作成することができ4万円が節約できると言われています。

その理由としては、これを紙媒体で作成すると収入印紙が4万円分必要になります。電子のものであればそれはゼロになるので大幅な節約となります。会社設立の代行をするときの電子に必要な情報を入力していきます。入力することで電子定款の元となる定款が自動的に作成されます。これに関する認証に必要な書類や印鑑・クレジットカードなど必要最低限のものを準備することができます。

作成された定款は公証役場まで持っていき認証を受けることになります。電子定款や紙定款の2通りの認証方法から電子の方を選びます。紙定款では前述した通り収入印紙代で約4万円が生じることになりますのでトータルで考えれば費用の違いが大きく出てきます。クラウド会計ソフトに年間契約すると利用することによって事務手数料が5千円が無料になるというキャンペーンを行うこともあります。これは登録したときに案内してもらえるので安心して利用することができます。

公証役場にて作成した定款の認証を受けることになります。紙での場合が自力で提出することが求められますが電子の場合が提出までを専門家が代行します。定款が認証された後には出資金を払い込んだり登記書類などを法務局へ提出することなどが必要になりますがこのような準備も会社設立代行会社が行ってくれ流ので安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *