会社設立のメソッド

会社設立の代行を利用して費用などを節約

会社設立というのは会社を登記することで登記するまでの道のりは定款認証や資本金の払込・法務局での登記所内での会社登記をすることがあります。

会社は新会社法と呼ばれている法律に基づき設立登記が必要になってきます。株式会社の場合は定款を定めて公証人役場での定款認証が必要となります。会社を作りたいという人は一人でも設立が可能とされていますが、一人で設立するメリットはあまりなく強いて言えば定款の中で定めることを自ら一人で好きなように決めることができることです。

複数で設立する場合は皆の意見をまとめて作成する必要があるので意見がまとまらないこともあり次のステップへなかなか進めなくなります。会社の憲法とも言われていますが重要な会社のルールでもあるのでしっかりと定めておくことであとで起こるトラブルにも対応することができます。会社設立代行は多くの場合、行政書士が設立を行う人の代行を務めてくれる会社です。

定款を定める時の良きアドバイザーとなることもあります。設立登記に必要である書類の収集や書類の作成代行、申請手続きも同時に行ってくれます。会社設立をしようとしている人にはそれに関する準備も必要になるので公証人役場に提出する書類の作成や認証手続きなどを行っている時間がないというケースも少なくありませんので利用する価値が大変多くあります。この中で大きく節約できるのは電子を利用して作成することで4万円もの節約ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *