会社設立のメソッド

会社設立の代行サービスと本店の所在地

株式会社設立の手続きは法律に定められている方法に従って進めていかなければいけないことになっています。

会社設立の代行サービスでは依頼者の要望をしっかりと聞き、その内容をしっかりと理解した上で変更が必要なことについても法的な観点で適切なアドバイスを提案しています。登記に必要となる各種書面の作成はもちろんのこと会社の法律とも言われている定款の文案作成や公証役場での認証手続きなどを手伝います。そして、会社設立代行サービスのメリットとして設立後にも末長くサポートができる方法をとっています。

会社を設立して事業を本格的に展開していくと税金に関してや法律に関してなどの様々な問題にぶつかります。しかし、代行サービスでは中小企業が安心して事業に専念できるように色々な角度がらサポートを行なっていきます。実際には法務部門を担当しているアルバイトや社員を雇うとなれば人件費がかなりの負担となりますがこれらを外部発注することで大幅にコストが削減されます。定款に関しての必要事項はまず、目的と商号・本店がある所在地・設立に際して出資される財産の価値や最低金額・発起人の名前や名称・住所発行可能株式総数になります。初めて聞く言葉ばかりですでに頭を抱えている人は少なくありません。

特に会社の本店を定めていないこともあります。本店は事業を行なっている場所ではなくても良いので個人の自宅を登記している人もいます。もし、自宅が賃貸であれば賃貸契約に際して事務所としての使用を認めていないことがあるので契約内容を確認することになります。もし、使用できなければレンタルオフィスを本店とすることも可能です。この場合は法人登記の可否を知っておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *