会社設立のメソッド

電子定款で会社設立を便利に

従来の定款の作成は関係各所に何度も足を運び煩雑な手続きを行わなければならず、時間もコストも大変な負担となっていました。

特に少人数の組織や個人による会社設立の場合は、起業前の何かと忙しい期間に役所への移動や書類の作成に費やす余裕が無いケースがほとんどであるのに加えて、関連法令を熟知して一切のミスが無いようにしなければなりません。そんな時は公認会計士や行政書士など、専門知識に長けた信頼できる人物に一連の手続きを委託する方法を選択する方も少なくありませんでしたが、大きな責任を伴う手続きの依頼は不慣れな方にとっては安心して任せられるものの大きな費用が必要でした。

昨今ではさまざまな分野で電子化が進んでいますが、時代の要請に応え電子定款が登場し会社設立時の費用や事務負担の大幅な削減に成功しています。まず電子定款の大きなメリットのひとつが紙ベースの定款と違い印紙を貼付する必要が無いため、印紙代がかからないところです。もうひとつはpdfファイル形式で作成して提出できるため、事務所などに居ながらにして全ての手続きが完結できます。

また、マイナンバーカードの普及により本人確認や電子証明書が行えるようになったのも大きな要素です。インターネットが利用できるパソコンに非接触型ICカードリーダライタを接続し、マイナンバーカードを読み取らせればその場で手続きを完了させる事も可能です。最近ではオンライン上で電子定款を作成できるサービスも登場し、それを利用すればICカードリーダライタやpdfファイルを作成するソフトウェアなどを用意する必要もありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *