会社設立のメソッド

電子定款の仕組みについて

株式会社を設立するためには、定款の申請が必須となります。

会社の経営や運営などの目的といった、基本的な決まりを記した書類となっており、会社設立の手続きでは必ず定款を作成しなければならないという決まりがあります。一昔前までは定款は紙で提出するものとされていましたが、近年では簡略化のために電子定款という方法も生まれています。電子定款の作成をするためには、機器やソフトが必要となっており、作成に必要となる環境を整えなくてはならないということも頭に置いておく必要があります。

収入印紙代の節約にはなりますが、作成に必要な環境を整えるために収入印紙代よりも高額な出費となっては、節約を目的としている人にとっては意味がないので、よく考えて比較してから決めるようにしましょう。電子定款は、事前に指定公証人のいる公証役場と打ち合わせをし、法務省の登記や供託オンライン申請システムを経由して、公証人に送信する必要があります。

ここまではインターネット上のみで済ませることができますが、認証を受けた電子定款のデータ受け取りに関しては、インターネット経由で行うことはできず、直接役場に足を運んで受け取らなくてはなりません。送信手続きが終わった後に公証役場から連絡がくるので、受け取りに必要となるものを準備して受け取りに行くようにしましょう。電子というフレーズから、全てインターネット上で完了すると考えがちですが、そうではないことも頭に置いておくべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *