会社設立のメソッド

電子定款によるメリットとは

株式会社の設立の際に必須となるのが、定款の提出です。近年では電子定款という方法が新たに定着しつつあります。

電子定款による認証では、紙媒体を使用しないので収入印紙代の四万円が不要というメリットがあります。

会社設立となれば、必要となるお金はかなり高額となるので、少しでも無駄な出費を避けることが必須という人も多いのではないでしょうか。その際にはやはり電子定款にしようと考えるのは当然のことといえます。

しかし電子定款認証のためには、様々な業務が必要となるので手間がかかります。ソフトウエアや機器など準備しなければならないものも少なくはないので、紙の定款より結果的には費用が多くなってしまうこともあるということも頭に置いておかなくてはなりません。

経験がない人の場合には、作成することはかなり手間がかかり複雑になるので、代行業者に任せるという方法が適しているといえます。

電子ということから、全てのことがインターネット上のみで済むのではないかと考えてしまいがちですが、実際には公証人役場に足を運び、認証を受けて認証済みの電子定款と定款の謄本を請求して受け取る必要はあります。

便利なものだと考えてしまいがちですが、実際には複雑でありみ知識と経験が必須になってきます。代行業者に任せる時には、実績があり適正な料金のところを選ぶようにしておきましょう。良い代行業者を選ぶことにより、手間とお金の節約につなげることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *