会社設立のメソッド

電子定款はプロに任せた方が無難だが個人でも作成可能

電子定款を作成する場合、自分で行うよりもプロに任せたほうが費用はかかりますが、スムーズに行うことが出来ます。

それでも、一から自分で電子定款を作成したいという場合には、いくつかのポイントがあります。

まず、申請をする前に定款の原案を公証人に確認をしてもらうようにしましょう。記載に間違いがあるまま申請をしてしまうと、訂正だけではなく、再申請の手間もかかってしまいます。

公証役場の場所などはインターネットを利用することで簡単に調べることが出来ます。電子定款を作成するためには、電子署名を付ける必要があります。

そして、電子署名をつけるためには電子証明書が必要となります。この申請をするためには、マイナンバーカードを利用する必要があります。

以前は住民基本台帳カードを利用していましたが、現在は廃止されていますので、マイナンバーが書かれたプラスチック製のICカードを用意するようにしましょう。

電子署名をつけるためには、ICチップ内に保存されている証明書を読み取る必要がありますので、カードリーダーが必要です。

カードリーダーにはいくつかのタイプがありますが、公的個人認証サービス対応をものを選ぶようにしましょう。そして、カードリーダーで読み取った電子証明書に署名をしましょう。

この時の電子署名の陰影は自分で作成することも出来ます。サイン型に作成し、登録することで他とは違った電子定款を作成することが出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *