会社設立のメソッド

電子定款の提出の流れについて

会社には大きく分けると、株式会社と合同会社があります。

そのうちの株式会社を設立するためには、定款を提出して認証される必要があります。その際に一昔前ならば収入印紙を提出するしかなく、収入印紙代である四万円が必要となるのは当然のことでした。しかし近年では、この収入印紙代を節約することができる電子定款という方法があります。

電子定款を作成し、公証役場にデータ送信すればそれで終わりというわけではありません。定款を認証してもらったら、その定款を受け取りに行く必要があります。

あらかじめ予約を取っておかなくてはならないのはもちろんのこと、CD-Rなどの記憶媒体や自分でプリントアウトした電子定款、そして発起人全員の印鑑証明や電子署名をしなかった人の委任状、身分証明書や印鑑、そして認証手数料五万円も必須となります。

電子定款というと電子という言葉が付いていることから、全てがインターネット上で完結すると思ってしまいがちですが、そうではありません。認証された電子定款は公証役場に直接足を運び受け取らなくてはなりません。

もちろん直接足を運ぶ必要があるのは紙の定款でも同じです。申請だけとはいえメールで行うことができるというのは、その分無駄な時間を使う必要がないというメリットがあります。

会社設立をするとなれば、そのほかにも行わなくてはならないことがたくさんあるので、少しで手間を省き簡略化することができるのは大きな利点となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *