会社設立のメソッド

起業時のコストを削減できる電子定款作成

会社を新たに作る場合は定款の作成が必要です。

その会社の運営について定めたものでよく国家の憲法にも例えられますが、会社の運営について定めた根本の規則で畳分という形で作成しなければいけませんし、法律で決められた内容を盛り込まないといけませんので一から作成するのも少し労力のいる作業です。

さて定款の中にもそれを電子化した電子定款と呼ばれるものがあります。作成する流れ自体はあまり通常の物と変わりはありませんが出来上がった成果物が電子ファイルのため髪の定款にかかっていた印紙税の4万円が不要になります。なぜなら印紙税は紙の文書に課税される税金だからです。

この4万円というのは起業時には1円でも貴重に感じる場合が多いですので選択肢があるならば電子定款を選んだほうが確実にお得です。

作成方法も非常に簡単です。WindowsXP以降のバージョンのパソコンとAdobeのAcrobat、あとはWordなどの文書作成ソフトです。全て予めインストールされているか無料で手に入るものばかりですので余計なコストをかけずにすみます。

定款の作成例などはインターネット上にたくさんありますのでそれを見ながら定款を作成し、あとはそれをPDF化するだけで大きな作業は終了です。

作成した電子定款をPDF化した後は電子署名が必要になり、それが定款の原本となります。CD-ROMなどに大切に保管すれば完了です。これらについては行政書士に依頼する事もできますが3万円くらいが相場です。

じぶんで作成する場合は電子認証ソフト代くらいのため少し時間に余裕がある場合は自分でやってみる事をおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *