会社設立のメソッド

電子定款の利点について

株式会社を設立する際に必須となるのが、事業内容などをまとめた定款を公証役場に提出するということです。

これが認められることにより始めて株式会社を設立することができるようになります。一昔前までは、収入印紙代として四万円が必須となっていましたが、今の時代はこの収入印紙代を省略できる電子定款という方法が存在しています。

電子定款を利用することにより、収入印紙代の四万円が不要になるというメリットがあります。電子定款を自分で作成するには、ある程度の知識が必要になるのはもちろんのこと、ソフトやICカードリーダーライターなども最低限必要になってきます。

印紙代の四万円を節約できても、電子定款を作成する環境を揃えるためにコストがかかってしまえば意味がありません。

定款以外にも書類を電子化していく予定があれば無駄にはなりませんが、そうではない時には、設立代行業者に依頼してしまうというのも一つの方法です。

代行業者ならば、面倒な手間は全て代わりに行ってもらうことができるのはもちろんのこと、自ら環境を揃えるためのコストもかからないので、その分リーズナブルに済ませることもできる可能性が高まります。

もちろん、どこの代行業者に依頼するのかによって必要となるトータル費用にも違いが生まれますが、予期せぬミスやトラブルを防ぐためにも代行業者に依頼して電子定款も代わりに作成してもらうことの方が利点が多い方法といえるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *