会社設立のメソッド

電子定款で節税をすること

企業などにおける定款の作成では、紙ベースの場合印紙税が課税されます。

その金額は4万円と決まっており新規で法人の設立をする場合には相応に負担がかかるものです。

このとき紙ベースではなく電子定款として申請を行うことも可能です。
紙ベースでの申請であればその作成し提出しようとする定款に印紙を購入して貼付した上で提出という流れですが、電子の場合には紙での提出はありません。したがって印紙税を支払う必要がなくなります。印紙税代金が不要となり結果として節税になるものです。

この電子定款で注意をしなければならないこととして、カードリーダーなどの準備が必要になります。
そのためもし持っていない場合には購入をする必要があるため、その分だけお金がかかります。
家電量販店などで数千円程度で購入は出来るものですが、このカードリーダーなどを頻繁に使用しない場合には購入する分だけ損をするという見方が出来ますので、事前によく考慮の上で購入の是非すなわち電子定款での提出を考えることが大事です。

なお定款の作成及び公証役場での認証は行政書士が代行で行ってくれる場合があります。依頼料などは必要になりますが確実に誤りなく作成と申請をしてもらえるため、代行を依頼することも可能です。

このときその行政書士が電子定款で提出を行うこともあるので、依頼をする前に相談することで確認が出来ます。印紙税の節税が可能であればそれに越したことはありませんので、話をする意味はあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *