会社設立のメソッド

電子定款の有効活用方法について

近年になって会社の重要事項まとめる書類である定款は、紙による作成届け出ではなく電子媒体での提出や管理が認められるようになりました。

これは時代の流れを受けて生じた新しい仕組みであると言えますが、これから会社設立を考えている人にとっては大きなメリットにもつながっています。この電子定款を活用することによって会社設立に必要となるコストを大幅に削減することができるからです。

ペーパーベースで定款を用意したいと言う強い希望がある場合を除き、電子媒体を採用することによって手続きの一切を専門の業者に委託をしたとしても、自分自身で苦労して作成をする場合と比較してもコスト面で大きな違いが生じないと言う性質があるのです。

定款を電子定款で提出することにより、会社設立をしようとする人は印紙税を支払う必要性がなくなります。この印紙税は数万円規模に上るため、専門の業者に委託する手数料をそこから捻出することができるのです。

このような仕組みを有効活用するのが電子定款の最大のメリットであると考える人も少なくありません。個人で電子定款に対応しようとすると様々な機材を用意しなければならないと言う点において無駄が生じます。

そうではなく作成する能力を持っている業者に1から10まで任せることにより自分自身の時間を確保することができるようになります。これからビジネスを行おうとする経営者にとって時間はいくらあっても足りるものではありません。

そのような視点から考えて電子定款を有効に活用するのであれば会社設立手続きの代行を専門家に委託するというのが最も賢い方法となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *