会社設立のメソッド

開業時に必要になる電子定款

個人事業主が法人化するときには必ず定款の作成が必要です。

このとき定款の認証を受けるときに電子定款として提出することが可能になります。
ただし提出の条件として専用のカードリーダーの購入などが必要になりますのである程度の準備費用はかかります。

定款を紙ベースで提出をするときにはその紙で作成され提出する定款には印紙を貼付する必要があります。その印紙税は4万円とこれから開業をする人にとっては相応に大きな負担です。

そのためその印紙税の負担を減らすために電子定款の利用を考える余地が生まれます。印紙税がなくなるため安価にはなりますが電子定款の場合も紙での提出の場合でも、定められた書式は満たさなければならないためにその点には注意が必要です。

紙の場合は提出を窓口にて行いますから窓口でのチェックが受けられやすいのに対して、電子定款の場合は送付してしまうとそれがそのまま認証という流れになります。

万が一間違えていたとしてもチェック機能が働きません。そのため事前に公証役場に赴いてチェックを受けてから申請を行うやり方がよいです。

このように準備がしっかりと出来かつ必要なものも用意が出来る場合には、紙ではないやり方の方がお得です。
一方で初期投資がかかるためにその購入などを考えると一定の負担は発生します。

この両方をよく考慮の上で電子定款での申請を行うかどうかの判断を行うことが大事ですし、その後カードリーダーの利用をする可能性も考えることが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *