会社設立のメソッド

電子定款の活用について

会社設立を目指す場合には様々な書類作成が必要になります。

その中で最も重要であると位置づけられるのが定款と呼ばれる書類です。
この書類の中には会社を構成する様々な重要事項が記入されており、非常に重要視されている書類となります。

従来はペーパーベースで作成した定款を公証役場に納入することが必要とされており、その際に印紙税を支払う仕組みになっていました。現在では時代の流れもありこの定款を電子媒体で作成することを認められています。

電子媒体で作成した場合には印紙税の支払いが必要なくなると言うメリットが存在しているため、近年注目されています。

電子媒体で作る定款のことを電子定款と言いますが、単にワードやExcelで作ったものであると言う意味ではありません。電子媒体で作るためにもルールと言うものが存在しており、電子定款の作成のためには揃えなければならないソフトウェア等もあります。

それらを自前で用意する場合それなりにお金が必要になってしまうためせっかくのメリットが失われてしまいます。

そこで登場するのが手続きの代行サービスの利用です。
電子定款を利用する場合、専門の業者に代行委託すると最も無駄がなく対応することができます。

そのため司法書士などの専門家に電子定款の作成を含めて代行してもらうと言うサービスの利用が行われるようになってきています。

専門家の代行には手数料がかかりますが、印紙税が節約されることにより同じくらいのコストで専門家のサービスを利用することができるようになってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *