会社設立のメソッド

電子定款による会社設立

会社の設立には定款の作成が必要です。

これをデータで行うのが電子定款です。

従来は紙で作成する必要がありましたが、PDFで作成して提出することができるようになりました。

電子定款を作成するためには電子証明書等が必要になります。
これは、自分が作成者したことを証明する必要があるからです。

現在は、マイナンバーカードを活用します。マイナンバーカードには標準で電子証明書が搭載されています。役所で手続きをすれば電子証明書を取得することが可能です。

ICカードリーダライターも必要になります。これにマイナンバーカードを挿入して、PDFに電子証明を付ける必要があるからです。
ICカードリーダライターならなんでもよいという訳ではなく、マイナンバーカードに対応しているものを取得する必要があります。

定款は公証役場で認証を受ける必要がありますが、それは電子定款の場合も同じです。
ただし、文書という扱いではなくなるため、印紙代の4万円を節約することができます。

手数料は5万円かかりますが、これは紙の場合と同じであるため、電子定款で認証を受けた方がお得です。会社設立代行を行っている行政書士もいますが、会社設立に必要な登記申請の代理をすることは、司法書士や弁護士しかできません。

そのため、すべて自分でやっているところは法律的にはアウトになります。しかし、本人であるとして手続きをするような行政書士もいます。
これは、何かあったときにトラブルになるため、利用するとしても司法書士や弁護士と提携している行政書士を選ぶ必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *