会社設立のメソッド

電子定款の特徴とメリットとは

電子定款とは、従来の紙の定款ではなく、電子媒体を利用して作成された定款のことを言います。

これまでの定款認証は、書面で定款を作成して、その書面そのものを公正役場で認証する方法が取られていました。

しかしインターネットが広く社会に普及してきたことに伴い、2004年3月の法改正によって、紙ではなくCD-Rなどの磁気媒体や、PDF化した電子媒体の定款を、インターネット上で送信することにより認証の手続きを受けることが可能になりました。

ただし、定款データを送信するだけですべてが完了するわけではなく、その後公証役場に赴き、認証手続きを受けた定款を受け取る必要があります。

このように、電子媒体で作成した定款を、電子定款と言います。

定款とは、会社を設立する際に作成する必要のあるもので、会社を運営していく上での、基本的な決まりを定めたものです。
具体的には、会社名、事業内容、本店所在地、発起人の氏名や住所がこれに当たり、これらの事項について定款上で規定します。定款は、会社の憲法に当たる重要なものと言えます。

電子定款を作成するメリットとしては、紙で作成した場合、定款は印紙税の課税対象文書に当たるため、印紙代として4万円がかかっていました。ところが電子定款は、文書ではなく電子媒体として扱われるため、非課税となります。

つまり、印紙代を節約することができるのです。ただ電子定款による認証手続きを個人で行うには、電子証明の取得や専用ソフトが必要となり、10万円前後の費用がかかります。

会社を興す際には、できるだけ経費は抑えたいものです。
安く済ませるためには、自分で会社設立の手続きをやるよりも、行政書士等に頼むことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *