会社設立のメソッド

何故電子定款が良いとされているのか?

定款を法務局に提出する時には電子定款が良いとされています。

別に法務局がそう言っているというわけではありませんが、手数料で電子定款なら数万円も値引きをするといっているわけですから、これは実質的に電子定款にして下さいといっていると考えて間違いではないでしょう。

理由はとてもシンプルで電子データの方が扱いやすいからです。紙と電子データでは扱いやすかが天と地ほども違い、圧倒的に電子データの方が良いのです。
その利便性の良さは比較するまでもありませんが、一例を挙げれば必要なデータを引っ張り出してくるときに紙は倉庫に入っていって書類の山の中から目で探して出してこなければなりません。場合によっては見つけられない場合もありますし、破れていたりして見にくくなっていることも少なくはありません。

ですが、電子データであれば一瞬で検索して終わりです。
作業にして数秒と数時間の差があるわけです。

それでいて電子データは正確であれば必ず出てきますし、無ければ出てこないということで、データの有無もすぐに分ります。髪の場合はあるかどうかすら分からないし、無くても本当にないのか探し方が悪かったのかなど不確定要素が多すぎてしっかりと管理できないということになっています。

当然電子データの方がいいので、法務局は明確に手数料という形で数万円も差を付けて電子定款にしてくださいねという事をしているわけです。

企業を相手にしているので、こうした事も言いやすいのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *