会社設立のメソッド

電子定款を活用するメリット

会社の設立をする際には、会社の目的などを定める定款を作成する必要があります。

この定款は、従来は紙で行う必要がありましたが、現在では電磁記録で行うことも可能となりました。

電子定款と呼ばれている電磁記録による定款作成を行うメリットは、費用を節約することが可能な点です。

定款は、一度公証役場にて認証を行わなければなりません。このとき、紙の定款であれば、手数料5万円の他に、印紙代4万円がかかります。電子定款の場合は、手数料5万円は同じくかかりますが、印紙代の4万円はかかりません。

そのため、少しでも節約して会社設立をしたい場合には、電子定款を活用するのがおすすめです。電子定款を作成するためには、そのためのソフトウェアや機材が必要となります。

これらをそろえると、浮いた4万円分以上かかってしまうこともあります。

そんな時は、代行サービスを活用するのもありです。代行サービスでは、安い料金で会社設立を行ってもらえます。それが可能なのは、同じ業務をたくさん取り扱っているため、利益を出すことができるからです。

代行業者は、電子定款を活用していますが、専門のソフトウェア等をきちんと持っているため、手続にかかる費用を節約して大量に仕事をこなして利益を出します。

代行しているのは主に行政書士や税理士ですが、登記申請については司法書士や弁護士の資格が必要となり、きちんとしたところは提携しています。

しかし赤にはすべて自分で行っているところもありますが、そういった場合何らかのトラブルになる可能性があるので利用は避けた方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *