会社設立のメソッド

電子定款を利用すれば大幅なコスト削減が可能

これから会社を立ち上げるときに必要になるものは定款です。

これは会社のルールを記載した書類で公証役場に持っていき手続きを行わないといけません。基本的に定款を作るときには印紙代が発生するのが特徴です。

少しでもコストを下げたいときには電子定款を使うのが理想的と言えるでしょう。
電子定款は通常の紙の定款をデジタル化したものです。PDFにする事により印紙代をコストカットできるため現在多くの方が利用しています。

具体的にどれくらいの金額が安くなるのかというと約4万円です。自分で行うのも良いですが必要になる機材が多いため結構な費用がかかってしまうのがネックと言えるでしょう。

パソコンやPDFソフト、カードリーダーも必要です。すべて持っていないあるいは一部持っていないのなら専用の業者に作成を代行してもらうのが理想的といえます。
料金を支払うことで電子定款を作成してくれるため自分で作るよりも安いのが魅力です。大体1万円以内で作ってもらえるところが多く余計な費用もかかりません。

専門の司法書士がいるためすべての書類が作成可能で登記後の書類作成にも対応してくれるのがメリットです。インターネットで商売しているところがたくさんあるので多くの方が利用できるのも特徴と言えます。
会社設立までは早い業者だと最短2日で行うため、素早く設立したいときにも良いでしょう。

お客さんが利用するのは書類と費用のみのシンプルなシステムです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *