会社設立のメソッド

電子定款は会社の取り扱い説明書です

会社を設立する際には必ず定款を定める必要があります。

最近ではインターネットを利用してPDFによる電子定款が幅広く活用されています。

では、この定款には、どのようなことが記載されるのでしょうか。

まず、電子定款には、これから営業をはじめる会社の目的について記載します。反社会的な行為をしない会社であることを明らかにすることは当然として、どのような分野で何を行って収益を上げる会社であるのかを、この会社の設立目的によって示します。

さらに会社の目的だけでなく、新会社の屋号や、取締役に関する情報などを加えて記載します。

また、この電子定款が新たに代表者になる本人が作成したものであることを証明する必要があります。

会社とは様々な社会的な責任を負うものですので、勝手に他人が名義だけを使って会社を設立しないように制限を加える狙いもあります。
その証明に必要となるのがマイナンバーカードです。以前は住民基本台帳カードが使用されていましたが、既に廃止されていますので、現在はマイナンバーカードです。こうして作成された書類をPDFに変換することによって電子定款が完成します。

電子定款の提出では不正な会社設立が行われないように様々な予防策がとられており、初めての方にとっては少し面倒な手続きになりますが、会社設立にとっては不可欠な作業ですので、必ず実行する必要があります。

これまで公証人役場などへ赴く必要があった作業を遠隔で行えますので、非常に便利な仕組みです。
是非、会社設立時には活用してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *