会社設立のメソッド

電子定款の作成について

定款とは会社を設立する際には必ず必要になるもので、その会社の基本的な決まり事、約束事を定めたものになります。

国にたとえて言うと憲法のようなものに当たります。以前はこの定款は紙で作成するしか方法がありませんでしたが、今では電子定款といって電子的に作成することが認められています。

紙の定款では収入印紙を貼付する必要があるのですが、電子定款にすることで収入印紙貼付の必要がなくなり、その分だけ費用を安く済ませることができます。紙の定款の場合は4万円の印紙が必要とされていますから、電子定款の場合は単純に言って4万円安くすることができることになるのですが、事はさほど単純なものではありませんから、安易に飛びつくようなことは避けたほうが賢明です。

当然のことですが、電子的に作成するとなるとPCが必要です。PCぐらいはもはや誰でも持っているでしょうし、会社を設立しようとするような人であれば今や持っていないほうがおかしいと言い切っても構わないでしょうが、PCだけでは実は全く不十分です。

電子的に文書を作成するためのアプリケーションは単なるワードのようなものではありません。また、電子署名が行えるものである必要があります。単にPDFファイルに変換するだけの機能であってはならないのです。

このようなアプリケーションとなると無料では手に入りませんし、広く一般的に利用されているとも言い難いでしょうから、新規に購入するとなると結局は4万円くらいの費用はかかってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *